2014年06月21日

【4コマ】日本語読み方の落とし穴(その一)

本日から始まりました新コーナー、「台湾夫と大阪嫁の日常」ー!☆.*ハ(゚▽゜*) ワーパチパチ♪
このコーナーは、よく嫁さんから日本語の言い間違いが指摘されたことを発端に、
「いいブログのネタになるよー」と薦めされたのが発端です^▽^;

漫画自体は、現実で起きた事を再構築したフィクションとなっていて、
絵も大してうまくありませんが、ぜびぜび楽しんでいただけると幸いですm(_ _)m

140621相場ネタ.png

この言い間違いは、元々会社でうっかり使った読み方だったけど、
台湾は繁体字使っているため、漢字で書かれた日本語はそのまま読めるので、
意味が理解できるものだと、その場で読み方まで追求しないことが多いため、
こういった思い込みで発生する言い間違いがあちこちあります^▽^;

しかも、自分の場合日本語は独学なため、
普段あんまりしゃべらない言葉になると、なおさら誘爆しやすいので、
今後もおそらく収まることがないと思われるが、果たして…?(笑)

というわけで次回に続く!(爆☆)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【社長のおすすめ】
日本語ネタを扱っているあの有名な本シリーズ。
外国人から見ても面白ネタ満載だぞ!(笑)
   
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by 電玩社社長 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾夫と大阪嫁の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

【感想】ファミコンリミックス1+2(その2)

こっちも達成したぜ!>▽<♪

1と比べて、リミックスステージでさりげなく音楽をプチアレンジしてきたり、
レインボーを取ったときにBitコインを大量追加するようになったり、
更に一番重宝するリプレイ機能(特にミーバース投稿のプレイが見られるのは凄く便利!)
前作の痒い所に手を届ける感じ(日本語が変w)に仕上げていて、
開発スタッフの心意気とやる気をすごく感じました>▽<♪
(熱意がないスタッフなら、大体前作と同様なものしか実装しないからな…=o=;)

特に、最後に出現するボーナスステージ2個も、
素直な気持ちで「スタッフさん(いい意味で)憎いね!」と思われる作りなので、
まだ最後まで届いていない方は、是非がんばって最後までプレイしてみてくださいね!
自分も、ミーバースから不定期に応援&助言いたしますぞー!(笑)

実は、個人的に未プレイタイトルが多いのは2なので、
メトロイド、カービィ、ゼルダあたりが少々苦戦したが、
何度か繰り返してやるうちにすぐ上達できるから、そんなにつらい感じがなかったけど、
(ゲームの操作説明を確認させるとはいえ、)
タイトルデモを見させる課題の後に別の課題をつなげてくると、
再挑戦するときは、もう一回デモを見ないといけないのは若干テンポが損ねた気がした…
(まぁといっても、大体一番簡単な課題だから影響も少ないけど^▽^;)

最後に、このゲームをクリアしてから気づいたことを2点ほど(若干ネタばれ?)
…続きを読むかい?
posted by 電玩社社長 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

【感想】ファミコンリミックス1+2(その1)

よっしゃ!達成!(1の方)

いやー、このゲームなかなかやるな…
各課題をすばやく再チャレンジ出来るように、演出待ちのストレスを最小限に減らしつつ、
ミーバースの書き込みを課題ごとで閲覧可能にすることで、
ユーザー同士で攻略のヒントや感想を交換できたりするから、
一人でやりこむゲームなのに、
みんなとの一体感が感じる不思議さはまずすばらしかった!>▽<♪

何より、クリアのレインボー評価基準が「にくい」と感じるほど、
すごくいい感じのギリギリさに設定されたため、
いつの間にプレイヤーのやりこみ欲が刺激され、
全課題の評価をレインボーを目指したくなるよう仕向けている…
最初は、とりあえず全課題クリアを目指そうと思っただけなのに、
さりげなくやる気を刺激するあたりもすごくいいと思いました^▽^♪

2008年頃に発売された、NDSの「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし」も、
本作と同じコンセプトを持っていましたが(むしろそっちのほうが元祖^▽^;)
こっちは、オリジナル要素の「リミックスステージ」に加え、
各課題のノルマバランスや進行テンポをこだわりぬいた感じがあり、
開発会社が異なっていなければ、
すばらしい継承&進化を成し遂げた作品とも言えたのではないかと自分は思います>▽<;

「さすがは任天堂、やるな…」と、
しみじみ感じながら、スタッフロール代わりのレコード一覧テロップを見たら…
こ、これは…インディーズゼロが開発担当!?
まさか、3丁目の有野が「今回開発を承れない」事情の一因ってこれだったのか…?
時期的には確かにかぶっていそうだが…うーむ、真相はいかに…=▽=;

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【公式サイト】
ファミコンリミックス1+2公式サイト(有野課長の挑戦動画もあるぞ♪)
ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし

【商品紹介】
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by 電玩社社長 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。